Tetsuro Ohashi

Running through Gardens|Running through Gardens


大橋 鉄郎 / アガサ・レイユ
2016
立体 / ペインティング
トレーシングペーパー、アクリル板 / トレーシングペーパー、アクリル絵具、蜜蝋

Tetsuro Ohashi / Agathe Reille
2016
Sculpture / Painting
Tracing paper, Acrylic board / Tracing paper, Acrylic color, Beeswax

 

他者の公園や庭園での思い出と写真を集めて新しい記憶をつくり、栗林公園の中に持ち込む。さまざまな記憶が合わさり抽象化することで、別の場所の記憶が栗林公園の記憶とも混ざっていく。

Tetsuro and Agathe collected memories in the park and garden from others. These memories was moved to Ritsurin Garden. A new memory is made with a lot of memories from Ritsurin Garden, Japan and France.

記憶とは写真のようである。過去の物事を思い出すということはフォーカスを合わせる行為と似ている。
私たちは異なるプロセスと表現方法で、集めた他者の思い出のフォーカスをずらしていく事を試みる。

Memory is like Photograph. To remember seems to focus the camera.
They tried to shift the focus of the others’ memories by a different process and different expression.

 

大橋鉄郎は、写真を元に立体作品を制作する。記憶の担保となっている思い出の写真は平面的で、記憶として残るイメージは自ずと平面的になる。その平面化したオブジェを写真を元にそのまま立体物へと戻す。記憶が写真へと置き換わる時、オブジェの裏側にはフォーカスが合うことはない。彼はこのようにオブジェの失われた記憶にフォーカスする。

Tetsuro Ohashi made a sculpture from photograph. The photograph which is a record of a memory is flat. The image of our memory is also flat. A process of this work is the reverse. The  Memory change to the photograph when the back of the object in the memory isn’t seen. He focused on the place of lost memory of the object.

 

アガサ・レイユは記憶の写真の中へ介入し、その記憶の中を探っていく。そして他者の記憶のイメージに自身の記憶のイメージを重ね合わせ、別の新しい物語を作り出す。彼女によって描きかえられた記憶は、彼女の記憶でも誰か他の人のものでもなくなる。この淡いぼんやりとしたイメージは、栗林公園と重なることで、また新しい記憶へと置き換えられていく。

Agathe Reille intervenes in the photograph of the memories. She made new memory with piling her memory on other’s memories. The memories rewritten by her are not other’s and not hers. The images which blurred is piled up on memories in the Ritsurin Garden. The images and memories change to the new memory.